« 桜満開 | トップページ | 春散歩 »

散る桜 残る桜も 散る桜

 花散らしの雨が降っている。けっこうしっかりした雨だ。満開になったばかりのうちの「村」の桜もこの雨でピークを過ぎてしまうかもしれない。雨音と蛙の声を聞きながら、久しぶりの習字タイム。

Chirusakura  良寛和尚の辞世の句といわれている。無常感が漂う。僕だったら、「散る桜 チルチルミチル 青い鳥」なんて詠ってしまいそう。虚脱感が漂うなぁ。

Nanohanaya こちらは与謝蕪村の有名な句。菜の花も桜に負けていない。月に太陽だから援軍も強力だ。この句も僕なりにアレンジさせてもらうと、「菜の花や ツキは私に 非はあなたに」。なんとも自分勝手な句になってしまった。

  最後は俳句じゃないけど、よくこの時期聞く言葉。確かに最近異常に眠い。遅くまで起きてる僕が悪いんだけど、深夜には深夜の活動があっShunminて。。。

« 桜満開 | トップページ | 春散歩 »

今日のパタ文字」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
うちのあたりの桜はほとんど散ってしまいました。近所の氏神様にある大きなケヤキが毎日目に見えて葉っぱを増やしているのが楽しいです。

さて熊本の民謡(になるのかなあ)の「田原坂」をご存知でしょうか。西南の役を題材にしたこの歌は、非常に男らしく凄惨な歌詞です。
その中に「どうせ死ぬなら桜の下よ 死なば屍(かばね)に花が散る」という一節があります。

この数日のこちらの記事を見て、ふと思い出しました。

>小町さん
 初コメありがとうございます。
 桜の木の下には死体が埋まっているって話もありますよね。(by梶井基次郎)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200526/14670151

この記事へのトラックバック一覧です: 散る桜 残る桜も 散る桜:

« 桜満開 | トップページ | 春散歩 »

最近の記事と写真

  • Murasakinohana
  • Dsc_0428
  • Shirohana
  • Dsc_0422
  • Dsc_0421
  • Satoimo2
  • Satoimo1
  • Siroihana
  • Monto
  • Dsc_0413
  • Natuniwa2
  • Natuniwa
  • Aotomato
  • Dsc_0411
  • Dsc_0409
  • Hanahasu1
  • Hanahasu2
  • Hanahasu3
  • Kasiwabaajisai
  • Dsc_0403
  • Buruberi
  • Watage
  • Dsc_0401
  • Dsc_0400
  • Musitorinadesiko2

ウェブページ

サブブログはこちらから

クリックお願いします

名言