« 弟 | トップページ | 鰹のたたき »

サーカス

 20日、生まれて初めてサーカスを観にいった。キグレNEWサーカス。昔はキグレ大サーカスっていったと思うけど。甥っ子姪っ子の付き添いで行ったのだが、それほど期待していなかったぶん、けっこう楽しめた。

Sakasutento  テントは予想よりこじんまりした印象。特設会場なので駐車場はもともと田畑だった感じで、雨のせいでドロドロ。しかも季節はずれの低温で寒くてちょっとテンションが下がる。入場してみると、中はばっちり暖房が効いていてよかった。

Piero  舞台はピエロが大活躍。オープニングから、舞台設定のあいだのつなぎまでこなす。大技を繰り広げる人たちは言わば職人で、ピエロは芸達者なエンターテイナーだな。もちろん職人技も素晴らしい。特に球形の檻の中で3台のオートバイで疾走するアクロバットは興奮した。2台でもすごいのに、3台って。。。それに花形の空中ブランコ。目隠しプレイも手に汗握った。(目隠しプレイって言うとちょっとアレだけどさ)

Kuutyuuburannko  でも中にはちょっと見た目が地味ですごさが伝わらないかなっていう演目もあって。ああいうのは活弁士というかMCというか、ナレーションが必要じゃないのかなあ。少し淡々と進みすぎていたきらいはある。

 とはいっても、サーカスってのは哀愁というかちょっとくたびれた感じというか、独特の雰囲気が大事なので、ばっちり決まりすぎててもいけないのかもしれない。B級が似合うのかな。シルク・ドゥ・ソレイユにはない魅力というか。

 公演は昼だけのようだけど、夜にあのテントの中でチャップリンの「サーカス」とかフェリーニの「道化師」とかを上映してもらえないだろうか。

« 弟 | トップページ | 鰹のたたき »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
毎年(なのかな?)、テレビCMで開催されることを知り、いつかは観たいなーと思いつつ、ずっと行けてません。
日時と金額の問題で・・・。
でも、楽しそうだし、ぜひ観てみたいです。

PS.
この記事とは関係ないんですが、Sandi Thomの歌の件でリンクさせてもらいました。
事後ですみません。
もしリンクしないほうが良ければ、遠慮なく言って下さい。修正します。

キグレNEWサーカスは、昨年 子供達と観覧しました。多分、同じ内容のものだと思いますよ。
なぜか、ちょっと怖い(不気味さに似た感じ)気がしました。それは、子供のころのお話などに、悪い子は、サーカスに売り飛ばされるとか、連れて行かれるって事からかもしれません。ピノキオもそうでしたね。我が子は、言葉なくジーーっと凝視してましたわ。^^

>hokiinuサン
 そうですね、ちょびっとチケット高いような気もします。割引券がないとちょっとね。象が出てくるならあの値段でもいいけど。リンクはけっこうですよ。というか、ありがとうございます。

>akikoサン
 ちょっと淫靡で、ちょっと猥雑で、ちょっと悲しげなところがサーカスの魅力ですよね。異次元への扉というか。お子さんに人生の「奥行き」を教えるにはいいところだと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200526/15156528

この記事へのトラックバック一覧です: サーカス:

« 弟 | トップページ | 鰹のたたき »

最近の記事と写真

  • Sobahana2
  • Sobahana1
  • Kosumosu02
  • Kosumosu01
  • Suizou
  • Hanamizuki2
  • Hanamizuki1
  • Hagi02
  • Hagi01
  • Ikuhikari1
  • Ikuhikari2
  • Sobabatake01
  • Sobabatake02
  • Nirahana1
  • Nirahana2
  • Ichijiku
  • Inecali
  • P8200007
  • Dsc_0454
  • Yuri
  • Azuki
  • Natuzuisen2
  • Natuzuisen1
  • Murasakinohana
  • Dsc_0428

ウェブページ

サブブログはこちらから

クリックお願いします

名言