« 休日出勤 | トップページ | 遠雷 »

野茂英雄と三浦知良

 今世間ではスポーツ選手といえば、「ハニカミ王子」や「ハンカチ王子」、そして松坂大輔らが注目を浴びているけれど、僕は今も二人のヒーローから目を離せない。野茂英雄と三浦知良である。僕も含め、ほぼ同世代である。

 野茂英雄は一度ナマで見たことがある。大学時代、静岡の草薙球場でプロ1年目の彼をほんの2,3メートル先で見た。今でもあのときのことは鮮明に覚えている。雨が降りそうな天気だったが、なんとかもってくれて、彼の投げる試合を見れた。大リーグに渡って最初の試合も早起きして見たし、最初にノーヒットノーランを達成した試合も会社が休みだったので生中継で目撃することができた。

 三浦知良は実際にナマで見たことはないけれど、テレビでよく応援した。アメリカワールドカップ予選の最終戦のロスタイムで彼がショートコーナーのボールを必死にチェックにいった姿は今でも脳裏に焼きついて離れない。「ドーハの悲劇」と呼ばれるこの試合の結末、人生であれほどの落胆をしたことはない。彼にとっては、その後もう一度大きな落胆を経験することになるが。

 先月から二人のテレビコマーシャルが始まった。キリンビバレッジの「Z7」のCMに出ている野茂。そしてスバルの「レガシー」のカズ。特に野茂の久しぶりの雄姿は僕の胸を熱くさせる。リハビリ中で引退も囁かれる野茂の「現役続行」の4文字の決意に鳥肌が立つ。彼はワールドシリーズで投げたことがない。歯車がかみ合えば、それは十分に可能だったが、果たせていない。彼はまだワールドシリーズで投げることをあきらめていないのだ。

 カズは今シーズン、ある意味好調である。横浜FCのFWとして精力的にチームをひっぱり、2得点をあげ、カズダンスも披露した。現役最年長プレイヤーとしてチームのJ1残留に闘志を燃やしている。しかし、彼もあきらめてはいない。2010年に南アフリカでプレーすることを。現実的には難しいかもしれない。ただ、僕も彼があきらめるまでは、あきらめてはいけないと思う。

« 休日出勤 | トップページ | 遠雷 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200526/15359572

この記事へのトラックバック一覧です: 野茂英雄と三浦知良:

« 休日出勤 | トップページ | 遠雷 »

最近の記事と写真

  • Dsc_0547
  • Bansyu
  • Hibana
  • Muranokouyou
  • Dsc_0537
  • Dsc_0535
  • Pb010022
  • Kaki
  • Nikujaga
  • Doudan
  • Mizosoba01
  • Seiko3
  • Seiko2
  • Seiko1
  • Nanten
  • Daizu01
  • Azuki01
  • Mamehosi
  • Kakinoki
  • Pa070040
  • Pa180091
  • Pa180088
  • Pa180087
  • Pa180084
  • Pa180083

ウェブページ

サブブログはこちらから

クリックお願いします

名言