« 初雪 | トップページ | スイーツ三昧 »

つるし柿その2

 僕の「村」と峠をはさんで反対側に「つるし柿の里」としてちょっと有名な村がある。うちの村でも先日書いたようにつるし柿を作るけど、あれは自家消費用で、その村は商品としてのつるし柿を村のあちこちで作っている。

 まず村に入って気づくのが、当然のことながら柿の木の多いこと。柿の木の畑のようなところもあって。柿の種類もたぶん統一されているのだろう。

 そして第2に気づくのが、家や納屋の軒先に高く積まれた「薪」。これを燃やして皮をむいた柿をいぶすのだ。専用のいぶし小屋が多くの家にあって、煙突から煙が上がっている。この煙がこの季節の風物詩だろう。

 今日は天気も悪かったので、外で干しているところはほとんどなかったけれど、一軒だけ軒先に吊るされていた。やっぱり、「商品」としての美しさがある。しかもすでにおいしそう。

Photo

 そういえば、数年前までうちも薪でお風呂を焚いていたのだが、あのころは風呂焚き場で柿を干していたっけなあ。今は薪を使うところもなくなったので、家の中や外で干すだけだしなあ。ひとつ便利になると、ひとつ失うこともあるってことか。。。

« 初雪 | トップページ | スイーツ三昧 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

お~~見事なつるし柿ですね~(゚Д゚)!!
なんかこうしてみると【つるし柿のれん】みたいな...(≧∇≦)
お正月も近いですね♪
しっかし...こちらはまだまだ昼間は心地よい木漏れ日の中お昼ねに最高な毎日です^^

>ましゃサン
 ホント、のれんみたいだね。
 陽だまりの中でましゃサンの膝枕で眠りたい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200526/17144841

この記事へのトラックバック一覧です: つるし柿その2:

« 初雪 | トップページ | スイーツ三昧 »

最近の記事と写真

  • Kikyuo
  • Dsc_0654
  • Kashiwabaajisai_2
  • Photo
  • Dsc_0673
  • Dsc_0671
  • Dsc_0659
  • Dsc_0667
  • Dsc_0658
  • Dsc_0657
  • Dokudami00
  • Dsc_0655
  • Jagaimonohana
  • Mizutama
  • Kara00
  • Dsc_0649
  • P6030019
  • P6030015
  • P6030009
  • P6030007
  • P6030004
  • P6030003
  • P6030002
  • Sampo
  • Asatukinotubomi

ウェブページ

サブブログはこちらから

クリックお願いします

名言