« トンボと紫の花 | トップページ | 台湾旅行 »

花はす

 今年も隣町で開かれてる花はすまつりへ行ってきた。同伴者はいつもの女性。変わり映えしないけど、まあしかたがない(笑)。去年は小雨の中来たんだけど、今年はいい天気。でもいい天気過ぎて、午前中からかなり暑い。

 公園の入り口では「ミス花はす」みたいな女の子が来場者にパンフレットを配っている。ちょっとかわいい。彼女はもちろん人生これからだけど、花はすの花のほうは全体としてはちょっと盛りを過ぎた感じ。来るのがちょっと遅かったかな。

 もちろんまだまだきれいな花もたくさんあって、心をとらわれる。白い花、薄いピンクの花、濃いピンクの花。決してきれいとは言えない泥水の中から、すっくと茎を伸ばして、その先端に大輪の花を咲かせるので、泥水との対比でいっそう美しく神秘的に目に映るのかもしれない。

S20080713_023

↑ 葉っぱの傘の下で雨宿りしているみたい。

S20080713_026

↑ 桃みたいな花だな。

S20080713_033

↑ 白い花も神々しい。

S20080713_051

↑ 触れなば落ちん、って感じだな。

« トンボと紫の花 | トップページ | 台湾旅行 »

自然」カテゴリの記事

コメント

いつみてもパタさんの写真は上手に撮れてるねheart01

>きゃろっと♪サン
 今度モデルをお願いします(笑)。

素晴らしいですね。人の手で創ることの出来ない、自然の力。
この色はどうやって作られるんだろうって思いました。

>komachiサン
 人の手で創る芸術やデザインも自然をモチーフにしていることが多いですしね。「神」の存在を想像しちゃいます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200526/41826677

この記事へのトラックバック一覧です: 花はす:

« トンボと紫の花 | トップページ | 台湾旅行 »

最近の記事と写真

  • Furansugiku00
  • Watage1
  • Sirotutuji
  • Doudantutuji
  • Himetutuji
  • Taue
  • Fujinohana
  • Dsc_0606_3
  • Syaga
  • Shironohanamiduki
  • Oinunofuguri
  • Yaezakura
  • 4gatunoyuki
  • Dsc_0601
  • Kiku2
  • Kiku1
  • Wakaisobo1
  • Wakaisobo2
  • Koori_4
  • Fukinotoh2
  • Fukinotoh1
  • Dsc_0596
  • Kitano4
  • Kitano2
  • Kitano1

ウェブページ

サブブログはこちらから

クリックお願いします

名言