« ある台湾人青年の話 | トップページ | 台湾旅行第2日目 (夜) »

台湾旅行第2日目 (午後)

 午後は台南市内の観光。まずは赤嵌楼(せきかんろう)というオランダ人が建てたお城を見に行く。大昔、台湾はオランダ人が占領していたのだ。建物は後に再建されたものだが、レンガの城壁はそのころのままで歴史を感じる。そのオランダ人を打ち負かした鄭成功の像もあるが、オランダ人将校が謝っていてかなりわかりやすい。

20080905_070 20080905_072 20080905_079

20080905_077 20080905_071 20080905_083

 そのあと、孔子廟(こうしびょう)と延平郡王祠(えんぺいぐんおうし)に行く。このころからあまりに暑いので台湾の歴史に興味のない人たちはバスで待つようになる。昨日夕食のときに一緒になったオネエサンふたりも待機組。僕はもちろん歴史に興味があるので(というか、おなかを減らしてビールをおいしく飲むために)バスを降りて歩く。というか、歩かないと何も始まらないしね。

 孔子廟はその名の通り孔子を祭る場所。自然も豊かで大きなガジュマルの木があり、きれいな花も咲いている。市民の憩いの場所って感じ。入り口に黄色い紙がたくさんかかっている。願い事を書いて、ここにかけるといいらしい。七夕の短冊の起源だったりして。

20080905_087 20080905_088 20080905_090

20080905_08620080905_085 20080905_091

 延平郡王祠はさっきも登場した民族的英雄・鄭成功を祭った祠(ほこら)。建物の彩色が見事。日本の絵馬のような木札がかけてあって、こちらも願掛け用だろう。

20080905_095 20080905_097 20080905_096

 台南駅からは再び台湾新幹線に乗って台北に向かう。突然のスコールがなんとも南国らしいが、列車に乗る数秒間でもかなり濡れてしまう。車内はそうとう冷房が効いている。旅行の支度をしているときはジャケットを持っていこうか、悩んだのだが、持ってきて大正解。暑い分、車内や建物の中の冷房は効きすぎてるくらいなので。

20080905_098

« ある台湾人青年の話 | トップページ | 台湾旅行第2日目 (夜) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200526/42406448

この記事へのトラックバック一覧です: 台湾旅行第2日目 (午後):

« ある台湾人青年の話 | トップページ | 台湾旅行第2日目 (夜) »

最近の記事と写真

  • Dsc_0547
  • Bansyu
  • Hibana
  • Muranokouyou
  • Dsc_0537
  • Dsc_0535
  • Pb010022
  • Kaki
  • Nikujaga
  • Doudan
  • Mizosoba01
  • Seiko3
  • Seiko2
  • Seiko1
  • Nanten
  • Daizu01
  • Azuki01
  • Mamehosi
  • Kakinoki
  • Pa070040
  • Pa180091
  • Pa180088
  • Pa180087
  • Pa180084
  • Pa180083

ウェブページ

サブブログはこちらから

クリックお願いします

名言