« 新米コシヒカリと大根菜 | トップページ | 車検 »

おくりびと

 ここのところ観たいと思う映画がなかったのだが(崖の上のポニョは観たけど)、久しぶりに映画館に足を向けさせてくれる映画が始まったので、観てきた。モントリオールの世界映画祭でグランプリをとった「おくりびと」である。本木雅弘演じる納棺師の話。故人の安らかな旅立ちをお手伝いする仕事である。

 市内の小さめのシネコンでは上映してないので、ちょっと遠くのシネコンまで観にいったのだが、日曜ということもあってかなりのお客さんの入り。年齢層はやはり高い。めったに映画館に来ないだろうという感じのおばあちゃん連れもいたし。

 映画は静謐な美しさに満ちた映画で、特に本木の納棺の儀式は様式美あふれるという形容がぴったり。もちろん人が亡くなってる場面が多いので悲しい気持ちにもなるが、ペーソスを含んだ笑いもあって。そしてしっかりと感動してしまう。

 本木の奥さん役の広末涼子が思いのほかよかったし、映画「お葬式」でも主演した山崎努はリアリティが十分。久石譲の音楽もすばらしかったし。あ、そうそう、笹野高史がいい味だしてたなぁ。

 「石」のくだりとかはちょっとやりすぎという気もしたけど、確かに今年イチバンの映画だと思う。

« 新米コシヒカリと大根菜 | トップページ | 車検 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

パタさんも観たんだ!
私も先週の日曜日に観てきたよ。
そしていっぱい泣いてきた。
最低4回は泣いたかも。
笹野高史さんよかったねぇ…。
(関係ないけどここんとこ見ている「北の国から」にものすごいチョイ役で出てたのを発見して嬉しくなった)
茶道とかの所作を思い出したよ。
美しかったなぁ。
今度は「パタと魔法の絵本」を観に行きます。
こっちもなかなかの感動作らしいよ。
あ、間違えた。「パコと魔法の絵本」でしたw

>さとサン
 さすがさとっち、チェックが早いね。泣けるよねぇ。僕も頬を濡らしました。
 本木と広末のオオオッと思うシーンもあったし。
 ふぐの白子を食べたくなったり。
 笹野高史さんは「男はつらいよ」シリーズでもちょくちょく出てます。

うちも観たぁぁ!!(さとちゃんのお勧めでw)
パタさんの記事をうなずきながら読みました。
泣いたり くすくす笑ったり忙しかったわ。

ここ数年の中で一番のお気に入りの映画になりました。

今度は ポニョ(ピニョ?w)観にいってきます♪

パタの魔法~も観たいよ(* ̄m ̄)ぷっ 


>わかサン
 みんな観てるんだなぁ。僕もわかさんとハンカチ取りあいながら観たかった。
 本木のチェロを弾くシーンもさまになってたし。さまになってないシーンもあったけど(笑)。
 絵本作家はちょっと憧れます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200526/42550392

この記事へのトラックバック一覧です: おくりびと:

« 新米コシヒカリと大根菜 | トップページ | 車検 »

最近の記事と写真

  • Syaga
  • Shironohanamiduki
  • Oinunofuguri
  • Yaezakura
  • 4gatunoyuki
  • Dsc_0601
  • Kiku2
  • Kiku1
  • Wakaisobo1
  • Wakaisobo2
  • Koori_4
  • Fukinotoh2
  • Fukinotoh1
  • Dsc_0596
  • Kitano4
  • Kitano2
  • Kitano1
  • Kitano3
  • Dsc_0584
  • Pata
  • Dsc_0580
  • Dsc_0575
  • Bonbai3
  • Bonbai2
  • Bonbai1

ウェブページ

サブブログはこちらから

クリックお願いします

名言