« 柿の皮 | トップページ | あずきの原始的脱穀 »

幕の内弁当的コンサート

 芸術の秋真っ只中ということで、今日は市内のホールでおこなわれたクラシックのコンサートに出かけた。といっても、堅苦しい、眠気を誘うようなガチガチのクラシックコンサートではなく、合唱曲あり、ソプラノ独唱あり、モーツァルトあり、ベートーベンあり、ビゼーあり、映画音楽ありの「幕の内弁当」的なコンサートだった。

 さらに小学生に指揮者の体験をさせるコーナーや観客全員を立たせて日本唱歌を歌わせるコーナーもありで。しかたなく僕も「われは海の子」を歌った。ホントは「山の子」だけどさ。

 もちろん値段と敷居が高いだけでたいしてうまくないフランス料理のコースよりも、安いけど程度のよい幕の内弁当のほうが満足度は高いわけで。今日のコンサートはまさにいい意味で「幕の内弁当」だった。

 合唱曲のひとつは、永年埋もれてた地元を歌った歌だったし、ソプラノを独唱したのは僕の高校時代の同級生だったし。彼女、高校時代からチャーミングだったけど、今日はまるで白雪姫風だった。

 アンコールは「千の風になって」。デザートもしっかりいただいた気分になって、気持ちよく帰路につけた。やっぱり生のオーケストラはいいね。

« 柿の皮 | トップページ | あずきの原始的脱穀 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

楽しかったみたいでよかったですね♪
いろんなバリエーションがあったほうが いいですね^^
わたしも、中学生のときは合唱部でした(^o^;)

>優子サン
 隣に座ったオバサンがずっと曲にあわせてハミングしてたのには困ったんですけどね。

私も行ってみたかったです(≧∇≦)
自分も歌に参加出来たり、同級生がソプラノを!
凄く盛り上がって、
お腹いっぱいになったでしょうね^^

>かもサン
 かもサンとクラシックコンサートデートとかしてみたい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200526/43062835

この記事へのトラックバック一覧です: 幕の内弁当的コンサート:

« 柿の皮 | トップページ | あずきの原始的脱穀 »

最近の記事と写真

  • Furansugiku00
  • Watage1
  • Sirotutuji
  • Doudantutuji
  • Himetutuji
  • Taue
  • Fujinohana
  • Dsc_0606_3
  • Syaga
  • Shironohanamiduki
  • Oinunofuguri
  • Yaezakura
  • 4gatunoyuki
  • Dsc_0601
  • Kiku2
  • Kiku1
  • Wakaisobo1
  • Wakaisobo2
  • Koori_4
  • Fukinotoh2
  • Fukinotoh1
  • Dsc_0596
  • Kitano4
  • Kitano2
  • Kitano1

ウェブページ

サブブログはこちらから

クリックお願いします

名言