« 今読んでる本 | トップページ | 「マンマ・ミーア!」 »

梅とふきのとう

 久しぶりに村のまわりを散歩。寒いがしかたがない。歩かねばならない。最近少し太ってベルトの穴ひとつ分おなかも出てきたし。メタボ注意報が発令されないようにしなきゃ。

 昨日ふきのとうの天ぷらを食べる機会があったのだが、パタ村でももう出てるかなと思って探してみる。家のまわりでは見かけなかったが、田んぼの土手で大集落を発見。しかもほとんどが土から顔を出したばかりの食べ頃の状態。わずかながらすでに花が開いたものもあって。これが本当の「とうが立つ」ってやつだな。

20090208_012

 うちの畑の脇にある梅の木。つぼみがちょっとだけ膨らんできた。「梅は咲いたか、桜はまだかいな」なんて歌もあるが、梅も桜も開花はまだまだ先のようだ。この木のそばを通る国道の拡幅計画があるが、この木も切られてしまう運命なのかな。うちの梅干も梅酒もこの木が担っているというのに。道路が広がる代わりに、うちの食生活の幅は狭まってしまいかねない。

20090208_030

 

« 今読んでる本 | トップページ | 「マンマ・ミーア!」 »

自然」カテゴリの記事

コメント

季節は動いていますね。最近日が長くなったなって思いますし、パタゴニアさんのふきのとうを見て、もっとそう感じました。
ふきのとうの少しほろ苦味の天ぷら、美味しいですよね。

あちこちで、ふきのとうの記事が載っていますね。
そちらは、寒いのにこちらよりも、早いような気が…。
梅の木は、ほんとうに、かわいそうですよね。
こちらでも、道ばっかり増えて、自然が減ってきています。(ノω・、) ウゥ

>komachiサン
 花粉も飛び始めたらしいですしね。もうちょっと冬の余韻を楽しみたいけど。

>ちるめぐサン
 まだあちこちにあるっていう状況ではないですけど。村は南斜面にあるので日当たりはいいですけど。
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200526/44001564

この記事へのトラックバック一覧です: 梅とふきのとう:

« 今読んでる本 | トップページ | 「マンマ・ミーア!」 »

最近の記事と写真

  • Dokudami00
  • Dsc_0655
  • Jagaimonohana
  • Mizutama
  • Kara00
  • Dsc_0649
  • P6030019
  • P6030015
  • P6030009
  • P6030007
  • P6030004
  • P6030003
  • P6030002
  • Sampo
  • Asatukinotubomi
  • Furansugiku00
  • Watage1
  • Sirotutuji
  • Doudantutuji
  • Himetutuji
  • Taue
  • Fujinohana
  • Dsc_0606_3
  • Syaga
  • Shironohanamiduki

ウェブページ

サブブログはこちらから

クリックお願いします

名言