« 祖母と葱坊主 | トップページ | 壱岐旅行 その2 »

壱岐旅行 その1

 12日から仕事関係の研修旅行に行ってきた。出張扱いの観光旅行である。個人参加のツアー旅行ではないので、ちょっとは気を使うけれど、まあ遅めのGW休暇みたいなもので。空港で今回ご一緒させてもらう面々とさっそく名刺交換。

 福岡空港に降り立ったあと、昼食をとって福岡港へ。ここからジェットフォイルという高速船に乗る。この船、飛行機製造で有名なボーイング社が開発した水中翼船で、座席ではシートベルトをしなければならない。

20090515_002

 1時間ちょっとで船は壱岐の港へ。今回の旅のメインの観光地である。壱岐といってもぴんと来ない人もいるかもしれない。「壱岐対馬」とひとくくりで言われることも多いそうだが、対馬ともけっこう離れている。

 宿は港のすぐそばにある。さっそく美人女将が出迎えてくれる。よく安易に「美人女将」という表現が使われるが、ここの女将は正真正銘の美人女将だ。名札に「美人女将」と入れてあっても誰も文句を言わないだろう(笑)。

 それほど「大」でもない大浴場でひとっ風呂浴びたあと、宴会場で夕食。この夕食が素晴らしかった。僕の中ではホテル宴会料理ランキング1位だわ。板前さんが近海生マグロと天然真鯛をその場で「解体」して刺身にしてくれる。かきも新鮮、うにも新鮮。うにのとげはよく見ると動いているほど。ひじき入りの麺もおいしかったし。

 海鮮だけでなく、「壱岐牛」の陶板焼きもうまかった。壱岐といえば、海の幸が豊富だろうというイメージしかなかったが、牛肉もその世界では有名らしい。隣に座ったおばさまが肉が苦手ということで、2皿分食べられてかなりラッキー。ほかに肉が苦手なおばさまがいないか、あたりをきょろきょろ見まわす(って、はしたないだろ)。

« 祖母と葱坊主 | トップページ | 壱岐旅行 その2 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

研修旅行が壱岐だなんてうらやましい限りです
うに・・・いいなぁ(*´∇`*)ウマソー
今ダイエット中だから、
一緒に行ってればお肉差し上げましたぞ♪

長旅お疲れさまでした(o^∇^o)

壱岐、そして対馬はお隣の国にかなり近いので、島の案内は日本語とハングルで書いていると聞いたのですが、どーでした?

私も行ってみたいな!壱岐^^

>みぅ♪サン
 みぅ♪サンは「美人観光客」って名札してても文句言われないかも(笑)。

>ともサン
 そー言えば、ハングルで書いてありましたね。
 ともサンなら日帰りも可能では?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200526/45025756

この記事へのトラックバック一覧です: 壱岐旅行 その1:

« 祖母と葱坊主 | トップページ | 壱岐旅行 その2 »

最近の記事と写真

  • Hanamiduki
  • Tsutsuji
  • Kara
  • Benihana
  • Dsc_0378
  • Dsc_0380
  • Sibazakura
  • P5020019
  • Sawagani
  • Shaga
  • Hanamizuki
  • Yamawarau2_5
  • Yamawarau1
  • Shimokuren
  • P4270005
  • Katsuyama00
  • Katsuyama03
  • Katsuyama02
  • Katsuyama01
  • P4020074
  • Dsc_0360
  • P3270038
  • P4020046
  • P4020024
  • P4020013

ウェブページ

サブブログはこちらから

クリックお願いします

名言