« 消えた扇風機 | トップページ | ナス畑と祖母 »

夏間近のパタ村

 今の時期、パタ村に限らず、田んぼを見ると、水が少ないことに気づくだろう。そしてところどころ溝を切ってあることにも気づくだろう。これは「中干し」といって、いったん水田から水を抜いて乾かすこと。溝が切ってあれば、乾きやすいのだ。

 こうすると、分けつ(茎の増殖)が抑制されて、モミの実入りがよくなる。つまり数より質ということである。ほかにも水中のガスが抜け、根元に酸素が供給されて健康な根が育つ効果や、土が固まって秋の収穫作業がやりやすくなる(つまりコンバインが走りやすい)効果がある。

 花菖蒲や柏葉紫陽花も咲いて、パタ村も夏間近といった感じである。そういえば、梅雨はどこに行ったんだろう。

20090622_007

20090617_006

20090622_008

« 消えた扇風機 | トップページ | ナス畑と祖母 »

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 消えた扇風機 | トップページ | ナス畑と祖母 »

最近の記事と写真

  • Dsc_0655
  • Jagaimonohana
  • Mizutama
  • Kara00
  • Dsc_0649
  • P6030019
  • P6030015
  • P6030009
  • P6030007
  • P6030004
  • P6030003
  • P6030002
  • Sampo
  • Asatukinotubomi
  • Furansugiku00
  • Watage1
  • Sirotutuji
  • Doudantutuji
  • Himetutuji
  • Taue
  • Fujinohana
  • Dsc_0606_3
  • Syaga
  • Shironohanamiduki
  • Oinunofuguri

ウェブページ

サブブログはこちらから

クリックお願いします

名言