« アブラゼミ | トップページ | ブルーベリー »

カボチャの花

 裏の畑でカボチャの黄色い花が咲いている。近づいてみると、ハチがけっこう頻繁に花を訪れている。確かマルハナバチというハチだ。作物の受粉には必要不可欠なハチである。作物は受粉を手伝ってもらい、マルハナバチは蜜を得る。まさにギブ&テイクの関係だ。まあ、一番おいしいところを持っていくのはニンゲンなんだけど。

 全国的にミツバチが減っているという話がある。マルハナバチはどうなんだろう。相対性理論で有名なアインシュタインは「もしハチが地球上からいなくなれば、人類は滅びる」と語ったとされる。確かにハチのブンブンという羽音が聞こえなくなった世界で、ニンゲンが以前と同じ生活ができるとはかぎらない。

20090722_011

 

« アブラゼミ | トップページ | ブルーベリー »

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アブラゼミ | トップページ | ブルーベリー »

最近の記事と写真

  • Dsc_0584
  • Pata
  • Dsc_0580
  • Dsc_0575
  • Bonbai3
  • Bonbai2
  • Bonbai1
  • Taga00
  • Taga
  • Dsc_0570
  • Dsc_0568
  • Dsc_0563
  • Dsc_0557
  • Kouhaku
  • Kehijingu3
  • Kehijingu2_3
  • Kehijingu
  • Dsc_0547
  • Bansyu
  • Hibana
  • Muranokouyou
  • Dsc_0537
  • Dsc_0535

ウェブページ

サブブログはこちらから

クリックお願いします

名言