« ユリの花 | トップページ | お祭り »

すこ

 うちの県の郷土料理に「すこ」というものがある。サトイモの茎(ズイキ)の甘酢漬けのようなものだ。昨日、祖母が畑からサトイモの茎を採ってきて、皮をむいた。それで今日、母が「すこ」を作った。

 作り方は、まず食べやすい長さに切ったサトイモの茎を塩で揉んで、黒っぽい汁を絞る。手に色素が付くので手袋が必要かも。水に1時間ほどさらすというレシピもあるようだけど、母のやり方は荒っぽい(笑)。

 絞ったサトイモの茎を熱した鍋でから煎りにして、塩と砂糖を入れる。煎りすぎるとシャキシャキ感がなくなるので要注意。

 さらに酢を入れる。酢を入れると、赤く発色する。容器に移し替えて、冷やしていただく。砂糖が足らなかったら、さらに追加。って、えらいアバウト(笑)。ご飯のお供というよりは、箸休めって感じの料理だな。

20090902_001

20090902_022

20090902_025

« ユリの花 | トップページ | お祭り »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

郷土料理!いいですね~
あたし食べたことないです(*゚ー゚*)
すこのイメージは赤カブの酢漬けみたいな
感じかなぁ?

>しおりサン
 せいぜい北陸の人しか、なじみがないと思います。
 赤カブより、シャキシャキしてて。歯ざわりは山くらげのほうが近いかも。

私はやや好き…ですが 亡義父が大好物で
義母がよく作りました。
ズイキの皮むきが大変ですね、指・爪があくで
真っ黒です。 でもシーズン一度は食べなくちゃ。。。

>@タジマさん
 見た目がけっこうどぎついので、若いころは食べませんでした。今はまあ好きです。
 おっしゃるとおり、皮をむいた祖母の手は真っ黒でした。って、祖母はもともと手が黒いけど。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ユリの花 | トップページ | お祭り »

最近の記事と写真

  • Kaki
  • Nikujaga
  • Doudan
  • Mizosoba01
  • Seiko3
  • Seiko2
  • Seiko1
  • Nanten
  • Daizu01
  • Azuki01
  • Mamehosi
  • Kakinoki
  • Pa070040
  • Pa180091
  • Pa180088
  • Pa180087
  • Pa180084
  • Pa180083
  • Pa180073
  • Pa180071
  • Pa180069
  • Pa180059
  • Pa180058
  • Pa180057
  • Pa180045

ウェブページ

サブブログはこちらから

クリックお願いします

名言