« 「ペン E-P1」片手に散歩 その3 | トップページ | 秋散歩 »

お月見

 窓を開けると、さすがに冷たい空気が入ってくる。かといって、窓越しに月を観るのも風流に欠ける。やはりひんやりした夜風に頬打たれながら、名月を愛でるのがいい。ススキも団子も飾ってないけれど、部屋を暗くしてぼんやり月を見上げるお月見も悪くない。

 満月のやさしい光に照らされた空を羊雲がゆっくりと流れていく。どうやら夜行性の羊がいるらしい。まあ考えてみれば、羊雲が現れるのは昼間に限った話ではない。月を横切っていく羊雲を数えていると、眠ってしまいそうだ。

S20091001_021

« 「ペン E-P1」片手に散歩 その3 | トップページ | 秋散歩 »

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「ペン E-P1」片手に散歩 その3 | トップページ | 秋散歩 »

最近の記事と写真

  • Dsc_0657
  • Dokudami00
  • Dsc_0655
  • Jagaimonohana
  • Mizutama
  • Kara00
  • Dsc_0649
  • P6030019
  • P6030015
  • P6030009
  • P6030007
  • P6030004
  • P6030003
  • P6030002
  • Sampo
  • Asatukinotubomi
  • Furansugiku00
  • Watage1
  • Sirotutuji
  • Doudantutuji
  • Himetutuji
  • Taue
  • Fujinohana
  • Dsc_0606_3
  • Syaga

ウェブページ

サブブログはこちらから

クリックお願いします

名言