« イヌタデ | トップページ | バスタブ付きの畑 »

そばの脱穀

 収穫したそばをはさ場で干していたのだが、強風ではさ場ごと倒れてしまったので、先に脱穀して干すことにした。

 脱穀には昔ながらの足踏み式脱穀機を使う。

 民俗資料館みたいなところに展示してあってもおかしくないレトロな機械である。

 父も年なので、僕も足踏みを手伝う。(写真の緑色のズボンが僕の脚)

 大昔は稲もこれで脱穀していたらしい。

 祖母は若いころ、この重い機械を背負って何キロも先の田んぼ脇のはさ場まで持っていったという。

 脱穀したそばの実は唐箕(とうみ)と呼ばれる道具を使い、回転によって生まれた風でごみと実を振り分ける。

 この唐箕も博物館級の機械だよな(笑)。

Sobanodakkoku

Sobanodakkoku2

Toomi

« イヌタデ | トップページ | バスタブ付きの畑 »

農業」カテゴリの記事

コメント

レトロな機械、貴重ですshine
慣れたものがイチバン!なんでしょうねflair

おばあちゃま、お元気になられて良かったheart02
昔のご苦労を思うと、我が身の生活を、
反省させられます。。。sweat01

>かもサン
 あら、お久しぶりw 
 うれしいな。
 かもサンの生活にもそれなりのご苦労はあるでしょうに。。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« イヌタデ | トップページ | バスタブ付きの畑 »

最近の記事と写真

  • Saita
  • Nanohana
  • Siraume
  • Kikuzakiichige
  • Nekoyanagi
  • P2140008
  • Dsc_0337
  • P2260078
  • P2260074
  • P2260070
  • P2260062
  • Dsc_0334
  • P2250046
  • P2250043
  • P2250039
  • P2250018
  • 170213
  • Yukinocx3
  • Dsc_0307
  • 20170123b
  • 20170124a
  • Dsc_0304
  • Dsc_0303

ウェブページ

サブブログはこちらから

クリックお願いします

名言