« 冬の小川 | トップページ | バケツの氷 »

「相棒 劇場版Ⅱ」

 今日は年末に公開された映画「相棒 劇場版Ⅱ」を観に行った。

 「劇場版Ⅰ」のほうも観たのだが、あれはあまりいただけなかった。

 舞台設定が大きすぎて、杉下右京がバタバタ動きすぎの感があった。

 テレビシリーズを映画化するとどうしても、舞台設定を大きくしようとしがちで、

 どうしてもその弊害が出る。

 その点、今回の「劇場版Ⅱ」は舞台設定はぱっと見、地味で、

 まあ、派手な爆破シーンもあるにはあるが、

 比較的テレビシリーズのトーンを踏襲できていた。

 杉下右京も前半にアクロバティックな演技を見せてくれたり、

 後半に感情ほとばしるシーンを見せてくれるほかは、

 総じていつもの冷静な感じで、それがとてもよい。

 映画の最後に「この映画はフィクションです」という、

 お決まりの一文が出るのだが、

 なんとなく、それがブラックなジョークに思えた。

Aibou

« 冬の小川 | トップページ | バケツの氷 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 冬の小川 | トップページ | バケツの氷 »

最近の記事と写真

  • Dsc_0584
  • Pata
  • Dsc_0580
  • Dsc_0575
  • Bonbai3
  • Bonbai2
  • Bonbai1
  • Taga00
  • Taga
  • Dsc_0570
  • Dsc_0568
  • Dsc_0563
  • Dsc_0557
  • Kouhaku
  • Kehijingu3
  • Kehijingu2_3
  • Kehijingu
  • Dsc_0547
  • Bansyu
  • Hibana
  • Muranokouyou
  • Dsc_0537
  • Dsc_0535

ウェブページ

サブブログはこちらから

クリックお願いします

名言