« ふきのとうを発見 | トップページ | 名古屋散歩写真館 その2 »

名古屋散歩写真館

 名古屋に小旅行に出かけてきた。

 メインの目的地は名古屋市美術館で開催中のゴッホ展。

 混むという噂を聞いて朝一番に駆けつけたら、さすがに早すぎたので近くを散歩。

 名古屋市科学館の新館の工事が最終段階(3月19日開館予定)。

 球形部分はプラネタリウムになるんだろうか。

Nagoyasikagakukan

 チケット売り場もなかなか開きそうになかったので、来た道を戻ってコンビニで調達。

Nagoyasibijyutukan

 チケットを買って戻っても誰もいないので、僕が入り口にいの一番に並んだ。

 でも、「僕の前に列はない、僕の後に列はできる」って感じで、

 開館時には僕の後ろには100名近い人が並んでた。

 平日の朝一なのに、やっぱりゴッホは人気だね。

 館内は当然撮影は禁止。

 好きな絵は、積み藁の絵とか、ジャガイモの絵とか、いろいろあるけど、

 やっぱり、「灰色のフェルト帽の自画像」と「アイリス」かな。

 「自画像」は有名な絵だってことでまず感動があるんだけど、

 じっくり観てると独特の描き方に感動するようになって、

 いつまでも観てられる。

 「アイリス」の絵はなんとなく尾形光琳を思い起こさせる。

 ゴッホが浮世絵に影響を受けたのは有名だけど、

 尾形光琳の絵も見たことがあるのかな。

 で、怪盗パタがこの2作を盗み出しちゃいました。

Gohhotennoomiyage

 すいません、お土産でミニュチュアアートを買っただけです(笑)。

 しかも後ろのカプセルを見ればわかるとおりガチャガチャ。

 そうそう、お土産コーナーには龍角散は売ってなかったな。

 昔から、「ゴッホと言えば龍角散」って言うのにね(笑)。

« ふきのとうを発見 | トップページ | 名古屋散歩写真館 その2 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

え、まじ?九州では見かけなかったのに。
最終日だったから売り切れてたのでしょうか?
ほしーよー、えーん(>_<) 

>sinoサン
 ミニチュアアートコレクションは全部で7種あって、残りの5種は「アルルの寝室」「種まく人」「ゴーギャンの椅子」「ある男の肖像」「サンレミの療養院の庭」です。

名古屋は個人的に辛い思いでがあってあまり見たくなかったけど、
もう大丈夫そうだったんで思い切って見てみました^^
このミニチュアガチャdiamond...
ミニチュア好きにはたまりませんねッ(≧∇≦)
お土産に欲しかったな~~smile

>ましゃサン
 ミニチュア、好きだよね。
 お土産は忘れちゃったので、代わりに手乗りパタはいかがですか?(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ふきのとうを発見 | トップページ | 名古屋散歩写真館 その2 »

最近の記事と写真

  • Dsc_0547
  • Bansyu
  • Hibana
  • Muranokouyou
  • Dsc_0537
  • Dsc_0535
  • Pb010022
  • Kaki
  • Nikujaga
  • Doudan
  • Mizosoba01
  • Seiko3
  • Seiko2
  • Seiko1
  • Nanten
  • Daizu01
  • Azuki01
  • Mamehosi
  • Kakinoki
  • Pa070040
  • Pa180091
  • Pa180088
  • Pa180087
  • Pa180084
  • Pa180083

ウェブページ

サブブログはこちらから

クリックお願いします

名言