« 買占め撲滅ポスター | トップページ | スギ花粉 »

「英国王のスピーチ」

 朝の番組「皇室アルバム」で今回の地震被害に関する天皇陛下の「スピーチ」を観た後、僕は県内で唯一映画「英国王のスピーチ」を公開している映画館に向かった。

 「英国王のスピーチ」は今年度のアカデミー賞作品賞を受賞した作品であり、「王冠を捨てた恋」のエドワード8世やチャーチル、ヒトラーなどある意味「派手な」面々に比べて、地味で内気だったジョージ6世を描いた歴史映画である。

 彼はこの時代の為政者としては致命的とも言える「吃音症」に悩み苦しむが、ある言語聴覚士との出会いが彼を変え、克服しようと努力し、まさにその努力が真の国王としての責任感を目覚めさせる。

 クライマックスは当然、ナチスドイツとの戦争という国難を迎えてのジョージ6世のスピーチ。リーダーの言葉一つで国民の士気は上がりもするし、下がりもする。その事の重大さに押しつぶされそうになりながらも、なんとかやり遂げる彼のスピーチが静かな感動を呼ぶ。

« 買占め撲滅ポスター | トップページ | スギ花粉 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 買占め撲滅ポスター | トップページ | スギ花粉 »

最近の記事と写真

  • Dsc_0557
  • Kouhaku
  • Kehijingu3
  • Kehijingu2_3
  • Kehijingu
  • Dsc_0547
  • Bansyu
  • Hibana
  • Muranokouyou
  • Dsc_0537
  • Dsc_0535
  • Pb010022
  • Kaki
  • Nikujaga
  • Doudan
  • Mizosoba01
  • Seiko3
  • Seiko2
  • Seiko1
  • Nanten
  • Daizu01
  • Azuki01
  • Mamehosi
  • Kakinoki
  • Pa070040

ウェブページ

サブブログはこちらから

クリックお願いします

名言