« 春まだ浅き | トップページ | キクザキイチゲの群生地 »

フキノトウとキクザキイチゲ

 遅ればせながらようやくスタッドレスタイヤをノーマルタイヤに履きかえて、家のまわりをウロウロすると、裏の土手でフキノトウの群生とキクザキイチゲを発見。

 一足先に春の使者となったフキノトウはただいま絶賛繁殖中って感じ。生命力があふれていて、群生していると、ちょっとしたキモチワルサさえ感じる(笑)。

 一方、キクザキイチゲは「春の妖精」の別名もあるスプリング・エフェメラルの仲間で、あくまでも可憐ではかなげで、ついつい心を奪われる。

 フキノトウも早春にわずかに頭を見せ始めたころは可憐なんだけどね。

 近くにはツクシもすくすく伸び始めている。

 いよいよ、パタ村も春本番!

Dotenohukinotou

Dotenokikuzakiitige

Dotenotukusi

« 春まだ浅き | トップページ | キクザキイチゲの群生地 »

自然」カテゴリの記事

コメント

こちらもすっかり春らしくなってきていますが、
まだまだ余震は続きます。
落ち着かない日々が続きますね。

>かよサン
 さきほどからひっきりなしに余震が起きてますね。
 おおごとになりませんように。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 春まだ浅き | トップページ | キクザキイチゲの群生地 »

最近の記事と写真

  • Dsc_0657
  • Dokudami00
  • Dsc_0655
  • Jagaimonohana
  • Mizutama
  • Kara00
  • Dsc_0649
  • P6030019
  • P6030015
  • P6030009
  • P6030007
  • P6030004
  • P6030003
  • P6030002
  • Sampo
  • Asatukinotubomi
  • Furansugiku00
  • Watage1
  • Sirotutuji
  • Doudantutuji
  • Himetutuji
  • Taue
  • Fujinohana
  • Dsc_0606_3
  • Syaga

ウェブページ

サブブログはこちらから

クリックお願いします

名言