« ポピー | トップページ | ユキノシタ »

「八日目の蝉」

 日曜日に遠めの映画館に足を延ばした。

 この映画が観たかったから。

 僕の好きな永作博美が主演だったし。

 もちろん彼女の演技は素晴らしかったが、映画そのものが素晴らしかった。

 女性は強く、しなやかで、そして悲しい。

 それにひきかえ、男は弱くて、ずるくて、ダメだねぇ。

 永作演ずる希和子が薫の身を案じて警察に叫ぶ一言に僕は泣いた。

« ポピー | トップページ | ユキノシタ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

映画も良かったんですね。私はドラマで観てしみじみしていました。薫さんの不倫相手の情けなさには笑いが出ましたケド。。人間は「守る対象」が出来ると強くなるんですよ〜女性ダケかな?

>みほサン
 母と子の関係は特別だろうからね。
 ドラマ、再放送が始まったらしいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ポピー | トップページ | ユキノシタ »

最近の記事と写真

  • Dsc_0584
  • Pata
  • Dsc_0580
  • Dsc_0575
  • Bonbai3
  • Bonbai2
  • Bonbai1
  • Taga00
  • Taga
  • Dsc_0570
  • Dsc_0568
  • Dsc_0563
  • Dsc_0557
  • Kouhaku
  • Kehijingu3
  • Kehijingu2_3
  • Kehijingu
  • Dsc_0547
  • Bansyu
  • Hibana
  • Muranokouyou
  • Dsc_0537
  • Dsc_0535
  • Pb010022
  • Kaki

ウェブページ

サブブログはこちらから

クリックお願いします

名言