« ジントニック | トップページ | 「ヒューゴの不思議な発明」 »

「洋食のいし川」のボルガライス

 ボルガライス探求の旅も今回が第3弾。

 今回は昭和の面影を残す名店「洋食のいし川」を訪ねた。

 場所はちょっとわかりにくいが、逆に言うと地元の人に愛されてるのだろう。

 おやじさんとおかみさんの二人で切り盛りしてるようで、 アットホームな雰囲気がいい。

 ボルガライスを食べに来たのだが、メニュー表の隣のビフオムライスにも心ひかれる。

 次回はこれにしよう。

 で、まず出てきたのがコーンスープ。

 かなり熱いのでネコジタビトは気をつけるように(笑)。

 そして、待つこと数分、真打ち登場。

 サラダと福神漬けを従えている。

 カツはヨコガワ分店よりは硬さがあるが、いやな硬さではない。

 衣はサクサクだ。

 オムライス部分では、玉子の感じが絶品だ。

 薄すぎず、厚すぎず。

 そして、鶏肉の香ばしさがいい。

 ソースの量は賛否両論あるだろうが、これくらいでいい気がする。

 けっこうボリュームがあったが、するっとおなかに収まった。

 そこがボルガライスの魅力の一つなんだろう。

Isikawa01

Isikawa02

Isikawa03

« ジントニック | トップページ | 「ヒューゴの不思議な発明」 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

どうも!ボルガチョフです!

ちゃくちゃくとボルガライスロードを歩んでおられますね!

洋食のいし川さんのバランスの取れたボルガライス、ファンが多い一品です!
そしてあの雰囲気もたくさんの人にぜひ味わっていただきたい!

また、これからも洋食のいし川さんのような個性あるボルガライス提供店を巡って下さい!

やっぱり武生に来たらボルガライス!

>ボルガチョフさん
 コメントありがとうございます。
 次はどの店にしようか、悩んでますw

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ジントニック | トップページ | 「ヒューゴの不思議な発明」 »

最近の記事と写真

  • Dsc_0557
  • Kouhaku
  • Kehijingu3
  • Kehijingu2_3
  • Kehijingu
  • Dsc_0547
  • Bansyu
  • Hibana
  • Muranokouyou
  • Dsc_0537
  • Dsc_0535
  • Pb010022
  • Kaki
  • Nikujaga
  • Doudan
  • Mizosoba01
  • Seiko3
  • Seiko2
  • Seiko1
  • Nanten
  • Daizu01
  • Azuki01
  • Mamehosi
  • Kakinoki
  • Pa070040

ウェブページ

サブブログはこちらから

クリックお願いします

名言