« 京都御苑の梅 | トップページ | 祖母のわだち »

冬と春の境目

 冬と春の境目、というか、今日は完全に春の一日だったな。

 黄砂も飛んできたし。

 子供のころは、黄砂はもっとロマンティックで牧歌的なものだった気がする。

 石坂浩二がナレーションのNHK番組「シルクロード」を見てた時代だ。

 今となっては工藤静香も「黄砂に吹かれて」なんて歌ってられないだろうな(笑)。

Sakaime

« 京都御苑の梅 | トップページ | 祖母のわだち »

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 京都御苑の梅 | トップページ | 祖母のわだち »

最近の記事と写真

  • Dsc_0557
  • Kouhaku
  • Kehijingu3
  • Kehijingu2_3
  • Kehijingu
  • Dsc_0547
  • Bansyu
  • Hibana
  • Muranokouyou
  • Dsc_0537
  • Dsc_0535
  • Pb010022
  • Kaki
  • Nikujaga
  • Doudan
  • Mizosoba01
  • Seiko3
  • Seiko2
  • Seiko1
  • Nanten
  • Daizu01
  • Azuki01
  • Mamehosi
  • Kakinoki
  • Pa070040

ウェブページ

サブブログはこちらから

クリックお願いします

名言