« シモクレン | トップページ | お寺の八重桜 »

読了

 村上春樹の新刊「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」をようやく読んだ。

 買ったはいいが、なにかと忙しくてなかなか読めなかったのだが、

 昨日休日だったので、一気に読んだ。

 一言でいえば、過去のわだかまりを解いて、未来に進もうとする男の話である。

 まあ、村上春樹の物語はストーリー展開もさることながら、

 文体そのものに魅力があるので一言でいうことに意味はないかもしれないが(笑)。

 そして、彼のほかの小説と同じように、読み終えると心の奥がしんとする。

Tasakitukuru

« シモクレン | トップページ | お寺の八重桜 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シモクレン | トップページ | お寺の八重桜 »

最近の記事と写真

  • Dsc_0584
  • Pata
  • Dsc_0580
  • Dsc_0575
  • Bonbai3
  • Bonbai2
  • Bonbai1
  • Taga00
  • Taga
  • Dsc_0570
  • Dsc_0568
  • Dsc_0563
  • Dsc_0557
  • Kouhaku
  • Kehijingu3
  • Kehijingu2_3
  • Kehijingu
  • Dsc_0547
  • Bansyu
  • Hibana
  • Muranokouyou
  • Dsc_0537
  • Dsc_0535
  • Pb010022
  • Kaki

ウェブページ

サブブログはこちらから

クリックお願いします

名言