« 地表の春一番 | トップページ | フロム・ザ・バレル »

東北復興祈念合唱コンサート

  昨日は長岡京市でおこなわれた東北復興祈念の合唱コンサートを聴いてきた。

  午前中は福島から招かれた中学生・高校生の演奏が続いた。

  歌いながら涙を流す子供たちもいて。。。

  特に感動的な曲が、「群青」という曲。

  福島県南相馬市小高(おだか)中学校の子供たちが詩を書き、

  その学校の先生が曲を作った歌だ。

  もうすぐ、あの震災の日から4回目の「3.11」が訪れる。

     『群青』

     ああ あの街で生まれて君と出会い
     たくさんの想い抱いて 一緒に時を過ごしたね

     今旅立つ日 見える景色は違っても
     遠い場所で 君も同じ空
     きっと見上げてるはず

     「またね」と手を振るけど
     明日も会えるのかな
     遠ざかる 君の笑顔今でも忘れない

     あの日見た夕日 あの日見た花火
     いつでも君がいたね
     当たり前が幸せと知った

     自転車をこいで 君と行った海
     鮮やかな記憶が
     目を閉じれば 群青に染まる

     あれから二年の日が 僕らの中を過ぎて
     三月の風に吹かれ 君を今でも想う

     響けこの歌声
     響け遠くまでも あの空の彼方へも
     大切な全てに届け

     涙のあとにも 見上げた夜空に
     希望が光ってるよ

     僕らを待つ群青の街で
     ああー
 

     きっとまた会おう
     あの街で会おう 僕らの約束は
     消えはしない 群青の絆

     また 会おう
     群青の街で

     作詞 福島県南相馬市立小高中学校 平成24年度卒業生
     作曲 小田美樹(福島県南相馬市立小高中学校 教諭)
     編曲 信長貴富

« 地表の春一番 | トップページ | フロム・ザ・バレル »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

だめです、、、泣きますっ、、、
もう日が変わって3月11日ですね
私はLAに居ましたが、一生忘れない日になりました
辛い体験、思い出、失った中から得たものも多いのは事実です。LAから見た日本は本当に素晴らしかったのです。あんなに無条件に世界中が日本を愛した時はなかったと思います。それに恥じぬよう日本人のプライドをもって犠牲になった人、辛い想いをして居る方とともに
生きていきたいと毎年思います。

「群青」素敵な唄ですね

>Sashaサン
 僕も涙があふれました。
 亡き人を悼み、傷ついた人に寄り添いながら、
 僕たちは前を向いて歩いていきたいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 地表の春一番 | トップページ | フロム・ザ・バレル »

最近の記事と写真

  • Saita
  • Nanohana
  • Siraume
  • Kikuzakiichige
  • Nekoyanagi
  • P2140008
  • Dsc_0337
  • P2260078
  • P2260074
  • P2260070
  • P2260062
  • Dsc_0334
  • P2250046
  • P2250043
  • P2250039
  • P2250018
  • 170213
  • Yukinocx3
  • Dsc_0307
  • 20170123b
  • 20170124a
  • Dsc_0304
  • Dsc_0303

ウェブページ

サブブログはこちらから

クリックお願いします

名言