« ヒガンバナ | トップページ | シュウメイギク »

うるしの里と和紙の里

 福井は伝統工芸品の多い県である。

 越前漆器、越前和紙、越前焼、越前打刃物などなど。

 今日はそのうち、漆器職人が多く住む「うるしの里」と、

 和紙職人が集まる「和紙の里」を歩いた。

 どちらも中心部に漆器や和紙の文化を紹介する会館があり、

 山のふもとには漆器や和紙を祀る神社があった。

Sikkijinnja

Ootakijinnja

 

« ヒガンバナ | トップページ | シュウメイギク »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ヒガンバナ | トップページ | シュウメイギク »

最近の記事と写真

  • Dsc_0657
  • Dokudami00
  • Dsc_0655
  • Jagaimonohana
  • Mizutama
  • Kara00
  • Dsc_0649
  • P6030019
  • P6030015
  • P6030009
  • P6030007
  • P6030004
  • P6030003
  • P6030002
  • Sampo
  • Asatukinotubomi
  • Furansugiku00
  • Watage1
  • Sirotutuji
  • Doudantutuji
  • Himetutuji
  • Taue
  • Fujinohana
  • Dsc_0606_3
  • Syaga

ウェブページ

サブブログはこちらから

クリックお願いします

名言