« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

献血の検査結果表

先日滋賀県で献血をしたのだが、その検査結果表が郵送されてきた。
 
血液の値に異常値はなく、まあ、いたって健康ってことだな。
 
献血前の検査でも美人看護師にほめられたし(笑)。
 
最後のページに下記のような一文が。。。
 
ちょっと泣いてまうやろ。

Dsc_0673

玄関のホタル

 玄関のドアにホタルが止まってるのを発見。
 
 昼間に見ると、「虫感」が半端ないな(笑)。
 
 そっとつかまえて、庭の緑に返した。
 

Dsc_0671

特産三ツ矢 青森県産王林

 このサイダー、おいしかった。
 
 

Dsc_0659

豚肉の生姜焼き

今夜は久しぶりに料理当番。
 
豚肉の生姜焼きを作った。 
 
隠し味はいつもどおり自家製梅酒。 
 
トッピングに残り物の紅生姜をみじん切りにして乗っけてみた。
 

Dsc_0667

そば屋のはしご 2軒目

 昼食をはしごして、2軒目のそば屋へ。
 
 今度は駅の近くの小さめのそば屋。
 
 さっきの店はうどんもお酒もメニューにあったけど、
 
 この店は両者とも無い。
 
 言うならば、「純そば屋」だな(笑)。
 
 おろしそばは、しなやかなコシで食べやすい。
 
 僕はこっちの方が好きかな。
 

Dsc_0658

そば屋のはしご 1軒目

 今日は久しぶりに昼食をはしごした。
 
 1軒目はそば処である隣町の国道沿いの人気店。
 
 うどんもメニューにあるけど、ほぼそば屋だろうな。
 
 特徴のある店名に反して、店員さんは若い女性。
 
 地元の厚揚げがセットになっていて、かなりうまい。
 
 おろしそば自体はコシが強く、噛み応えがある。
 
 そば湯も濃厚でおいしかったな。
 

Dsc_0657

 
 
 

ドクダミの花

 匂いがあってこそのドクダミの花。
 
 少し香水がきついくらいの女性も好き(笑)。
 

Dokudami00

素振りの少年たち

今日も仕事帰りに松原ビーチをウォーキング。
 
釣りをしてる人が多かったけれど、
 
突堤の上でバットを素振りしてる少年たちを見かけた。
 
近くの中学校の野球部だな。
 
海風で気持ちいいのかな。
 

Dsc_0655

ジャガイモの花

裏の畑のジャガイモの花。
 
武骨な芋の花にしては可憐な花を咲かせる。
 
原産地の南米アンデスをどことなく彷彿とさせる。
 

Jagaimonohana

水玉

裏の畑の里芋の葉っぱ。
 
雨上がりには決まって水玉が葉の上に現われる。
 
親元から小さな水玉が巣立っていくように見えなくもない(笑)。

Mizutama

マッサージ師はつらいよ

先日、なじみのマッサージ屋さんに行ったのだが、
 
受付カウンターで施術師の女性がうつむせになって寝ていた。
 
かなり疲れがたまってそう。
 
施術が始まるときに「特にお疲れのところはどこですか?」と聞かれたけど、
 
「特にお疲れなのは、君のほうかな(笑)」と答えたら、苦笑いされた(笑)。

Kara00

海の家

 今日のウォーキングコースは、海辺の散歩道。
 
 松林が延々と続く海水浴場の端から端まで歩くのだ。
 
 砂浜の一角では早くも海の家の建設が始まっていた。 
 
 夏の足音に追い立てられるように、足早に30分歩ききった(笑)。
 

Dsc_0649

明日香村

 奈良の明日香村に行ってきた。
 
 奈良県に足を踏み入れるのは、小学校の修学旅行以来だな。 
 
 乗り慣れない近鉄電車に乗り、飛鳥駅に降り立つ。 
 
 レンタサイクルを借りる手もあったのだが、バスでキトラ古墳へ向かう。 
 
 「四神の館」という施設で壁画の公開をしているのだ(期間限定)。
 
 かすかに「青龍」の面影を見たあと、昼食をとりに「カフェことだま」へ。 
 
 予約していたのだが、席が空くまでは少し待たされるほどの人気店だ。
 
 食後は石舞台、飛鳥寺を巡り、最後は高松塚古墳へ。
 
 キトラも高松塚も盗掘に遭ってたんだなあ。
 
 僕は盗むのは女子のハートだけに決めている(笑)。 
 

P6030002

P6030003

P6030004

P6030009

P6030007

P6030015

P6030019

 

ウォーキング再開

 早いものでもう6月。
 
 このままだと、このまま1年が終わりそうなので、
 
 何かしなくては。。。。
 
 2年前には毎日のようにやっていたウォーキングを再開。
 
 1時間しっかりと歩いた。
 
 3日坊主で終わらないようにしないとね(笑)。
 

Sampo

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

最近の写真

  • Kashiwabaajisai2019
  • Bara2019
  • Dsc_1084
  • Taueowaru
  • Ageha
  • Syaga2019
  • Watage2019
  • Ooinunofuguri
  • Tambonosakura
  • 2top