« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

十割蕎麦の店

廃村のような集落にある隠れ家的蕎麦屋が冬眠から目覚めて営業を再開した。

 

実は僕の家から最も近い飲食店でもある。

 

店の売りは十割蕎麦。

 

コシが強い分、細めに切ってあって、すごく食べやすい。

 

決して安い食べ物ではないけれど、100%満足できる。

 

十割だけに(笑)。

 

Dsc_1023  

 

桜咲く

越前市の城福寺のしだれ桜が見頃だとNHKで放送していたので、

 

クルマを飛ばして撮りにいってきた。

 

平日なのにたくさんの人が訪れていた。

 

まあ、NHK効果だろうな(笑)。 

 

Hanagataminosakura

七色の傘

レインボーラインだから、七色の傘が置いてあるのね(笑)。

 

Kasa

菜の花

バス停裏のうちの畑。


マナという菜っ葉が育ちすぎて、菜の花が咲いていた。


Nanohana2019_1

寝起きのタンポポ

冬眠から目覚めたばかりで、まだ頭ボサボサのタンポポ。

  Tampopo_1

キクザキイチゲ

殺風景な野原に春の訪れを告げる花が今年も咲いた。 
     
その名はキクザキイチゲ。
    
僕が一番好きな花のひとつだ。
    
真夏に咲くと目立たないだろうけど、
    
今の時期に咲くからすごく目立つ。
    
何事もタイミングって大事だな(笑)。
Kikuzakiichige2019

音楽祭

16日、昼から夜まで市内でおこなわれた音楽祭を楽しんだ。
 
序盤は地元高校の吹奏楽部の演奏が続いた。
 
後半のプロのみなさんはもちろん凄かったけれど、
 
高校生のパフォーマンスにすごく感動した。
 

Kamome

ユリウス・カエサル

今日3月15日は古代ローマの政治家ユリウス・カエサルが暗殺された日。
 
英語読みのジュリアス・シーザーのほうが有名かな。
 
「ブルータス、お前もか」と彼が言ったかどうかは、実は不明らしい。
 

Kaesaru

ニッカの数量限定ウイスキー

久しぶりになじみのバー(女性オーナー店じゃなくて大箱のほう)で飲んだ。
 
ちょうどニッカから割り当て分のウイスキーが届いたので見せてもらった。
 
ニッカの宮城峡蒸留所設立50周年を記念して販売開始した2本だ。
 
「シングルモルト宮城峡リミテッドエディション2019」。
 
「シングルモルト余市リミテッドエディション2019」。
 
販売数量は全国でそれぞれ700本。
 
価格はそれぞれ30万円(税別)。
 
ブラックのボトルがなんとも神々しい。
 
さっそく封を切ってもらって、ってそんなわけないじゃん(笑)。
 
ノーマルの余市をロックでいただきました。
 

Dsc_0998

早春の湿地公園 その2

湿地公園のすぐそばには、国家的プロジェクトの建設現場がある。
 
でも、ここはとても静か。
 
また歩きに来ようっと。
 

Nk1_3

Nk2

Nk4

Nk3

早春の湿地公園

先日、市内にある湿地公園を久しぶりに訪れた。
 
こぬか雨が降る寒い日だったので、日曜日なのにほぼ貸し切り状態。
 
聞こえてくるのは、鳥の声と、雨が枯れ草を打つ優しい音だけ。
 
白い花はオウレンという名前らしいけど、うす紫の花の名は不明。
 
僕が名付けていいなら、「カレン(可憐)」?(笑)
 
 

Naka3

Naka1

Naka2

Naka4

啓蟄のツバキ

啓蟄の今日。 
 
眠りから覚めた虫たちが最初に蜜を吸いにいくのがツバキかな(笑)。
 

Tsubaki1

Tsubaki2

Tsubaki3

ソースかつ丼

福井市内で昼食を取ろうと向かったのは、ソースかつ丼で有名な「ふくしん」。
 
でもまさにランチタイムだったので、入り口に待ち人多し。
 
予定変更して「ヨーロッパ軒大和田分店」へ。
 
「トリオ丼」なる見慣れぬメニューもあるが、普通のかつ丼セットを注文。 
 
「ふくしん」ほどでもないが、ここも次々来店してくる。
 
で、かつ丼到着。
 
僕がいつも行く「パ軒」との大きな違いは二つ。
 
①カツが薄い。
 
②ソースが別添えで付いてくる。
 
別添えソースは特に要らないけれど、薄いカツもいいなあ(笑)。

Dsc_0992

ひなまつり

もうすぐひなまつりだよ、全員集合!(笑)
 

Hinamaturi

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

最近の写真

  • Natsuzuisen2019
  • Ibu3
  • Ibu4
  • Ibu1
  • Ibu5
  • Ibu2
  • Ibu6
  • Natuzuisenn
  • Pinknohana
  • Kibana
  • Aotombo
  • Aoicho