10万アクセス到達

 約6年前にブログ「パタゴニア暴風警報」をはじめて、アクセス数が10万に達した。

 1日のアクセス数が10万の有名サイトもあると思うが、

 僕はコツコツ積み上げられたこの数字に誇りを感じている。

 そしてもちろん、見に来てくれたみなさんに感謝したい。

 画像は一歩手前の99999の時だけど(笑)。

99999

60000アクセス突破

 このブログもありがたいことに60000アクセスを突破した。

 看板娘の祖母ともども喜んでおります。

 (いや、本当は祖母はこのブログのことは知らない)

 最近1ヶ月ほど体調のすぐれない彼女だけれど、昨日今日は調子がいいみたい。

 ご飯がおいしいんだって。

 食欲が出てくれば一安心。

Sobonoegao

50000アクセス

 50000アクセス突破しました。

 いつもご覧いただいてるみなさま、ありがとうございます。

 いつまで続くかわかりませんが、今しばらくお付き合いいただけますよう。。。

3周年&40000アクセス

 この1月でこのブログもなんとかかんとか3周年を迎えた。始めるときはこんなに続くとは思ってなかったけれど、このブログのおかげで生活にハリがでたような気がする。さらに今日、40000アクセスを突破したみたい。

 いつも見てくれるみなさんに感謝したい。ありがとう。

新ブログ

 すでに気づいてる人もいるけど、昨年末から新ブログ「パタゴニア強風注意報」を始めた。ケータイから更新する僕の日常、ってのが副題で、より卑近な話題を載せていこうかなと思う。機動性は高いので、リアルタイムにデキゴトを取りあげたりもできるし。

 でもあんまり興が乗らなかったら、やめちゃうかも。なのでしばらくは試験運用中。。。

ココログ

 数日前からココログがブログの表示方法を一斉に変えた。冒頭の部分だけを表示して、残りは「続きを読む」をクリックしないと読めないようにしたのだが、これが読者のみなさんにはちょっと不評みたいだったので、元に戻した。

 やっぱり全文が一目瞭然で、写真がすぐに目に飛び込んでくるほうがいいのかな。「続きを読む」方式もクリックするとき、プレゼントの包み紙を開けるときのような感覚があって、僕は悪く思わなかったんだけど。

 最新記事は全文表示で、その前の記事は折りたたみ式にできるようにしたら、一番いいと思うんだけどな。

30000アクセス

 30000アクセス達成。1日で30000アクセスあるといいだろうけど(笑)。いや、そうとも限らないかな。コメントも多かったら、すべてにお返事できないだろうし。不用意なヒトコトで炎上するかもしれないし。

 決して多くはない(けど、気にとめてくれる)リピーター読者さんのためにも、あまり気張らずに淡々と筆を進めていくことにしよう。たまに酔って書いたようなカラフルな記事もあるけど。。。

トロフィー

 今日、「プラチナブログ」のトロフィーが届いた。さっそく、アカデミー賞でもらったオスカーの隣に飾った(いつもらったんだよ!)。いや、照れ隠しのボケが出るほどうれしい。台座には「2009年4月プラチナブログ『パタゴニア暴風警報』富士通株式会社」と刻印された銘板が貼ってある。これからも富士通のパソコンを買い続けます、なんて気分にもなる。

 でも宅配屋さんから手渡されたときは、ちょっとびびった。送り主に全く覚えがなく、ネットで何か買った覚えもなく。送りつけ商法かなと疑ったり。封を開けると爆発したりしてと、ダンボールに耳をあてて「カチカチ」鳴ってないか、確かめたり(笑)。

20090422_060

プラチナブログ

「今月のプラチナブログ」

 たしか昨年秋に富士通パソコン利用者によるブログサイトで「今週のゴールドブログ」っていう称号をいただいたのだが、このたび、さらに一段上の「今月のプラチナブログ」に選ばれてしまったようで。。。何はともあれ、光栄でありがたいことです。

 前回のごほうびは「名誉」だけだったのだが、今回はそれに加えて、トロフィーもいただけるらしい。届いたら、祖母の部屋にこっそり飾っとこうかな。この名誉の功労者はなんといっても彼女だから(笑)。

2周年

 このブログ、「パタゴニア暴風警報」も昨日で2周年を迎えた。われながらよく続いたものだと思う。始めたころは2、3日に一度の更新だったが、去年の夏以降は(年末以外)ほぼ毎日更新している。もはやブログを書かないとすっきり眠れないという感じで、ある意味中毒である。みなさんももう少し僕の中毒につきあってくださいませ。

より以前の記事一覧

最近の写真

  • Kashiwabaajisai2019
  • Bara2019
  • Dsc_1084
  • Taueowaru
  • Ageha
  • Syaga2019
  • Watage2019
  • Ooinunofuguri
  • Tambonosakura
  • 2top